FC2ブログ

震災とパープルのミニバッグ。

►2011/01/17 11:41 

阪神大震災から16年ですね。。
16年経った今も、震災時の怪我が回復していない人、心の傷が癒えない人達が
まだまだ沢山いらっしゃるのだと、先日TVで放送していました。
今日一日は、命の大切さ、健康のありがたさを感じる日にしたいと思います。

数年前の朝日新聞に、とても感動した記事が載っていました。
当時小学6年生だった、ある少女の「命」という題の作文ですが、
切り取ってあったので、それを少し抜粋したいと思います。

○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○

 生きていることと死んでしまうこと。
 ”命”について、私は考えてことがなかった。
 だけど1月17日の大震災。私のよく知っている人達十数人が死んでしまった。
 ”人の死”は、初めて私のそばにやってきたんだ。

 ”命”は弱いと思う。
 『一人の命は地球と同じ』なんて絶対にうそだ。
 約五千人の”命”がたった20秒で次々となくなってしまうなんて、信じられなかった。
 人の”命”はそんなにもろいものなのだろうか。

 でも、いろんなニュースを見ているうちに、弱いだけの”命”ではないかもしれない、
 と思うようになった。 
 くずれた建物から助けられた人々。
 重い重いコンクリートや木材の中を生きぬいた”命”。
 すごい強いと思う。

 今回の震災で、生きていることがすごくいいことだと考えな直された。
 死ぬと、何もできなくなってしまうけど、生きている限り、夢や可能性は無限だ。
 たった一度の人生だから、みんなみんな死ぬまでに、たくさん思い出を残そうとして、
 必死でいきてるんだ。

 生きていること。
 それは、困難のかべにぶつかりそれを乗り越えること。
 約束された死までの時間を輝くものにすること。
 
 死んでしまうこと。 
 それは、輝く人生を終え、他の人の心の中で永遠に生きてゆくこと。 

○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○


さて、、2月の講習の課題作品、パープルのミニバッグに決定しました☆
この作品は5,6年前の作品です。
いつも講習に来てくださるIさんが、このバッグをとても気に入って下さり、
「この大きさ、病院にいくときにちょうどいいわ!」とおしゃってました…^^;
病院っていうイメージは全然なかったのですけど、、
た、確かに、、お財布と保険証とハンカチなど入れるのにちょうどいいかも。。。


          perplebag.jpg
    

詳細はこちらをご確認ください → 2月のLesson

木曜日の晩から深夜バスに乗って東京に向かいます!
寒さが少し和らいでくれたらいいのだけど。。。


素敵なパッチワーク作品がいろいろと見れます♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ


テーマ : パッチワークキルト - ジャンル : 趣味・実用

講習の課題作品Comment(12)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |